キーワード:
< カテゴリーを除外する

海 (2)




Kurilskiy State Nature Reserve
1/2

国後島自然保護区クリリスキー

電話:+7 424 55 21 502 (Reserve Administration)

場所:5 Zarechnaya St., Yuzhno-Kurilsk, Kuril Islands, Russia 694500

生態教育・エコツーリズム部門

kurilskiy @ mail.ru or kurilskiy @ gmail.com

https://peakvisor.com/park/kurils-nature-reserve.html

Golovnin VolcanoYankicha Island, Kuriles. Photo: Vladimir Klyushkin 人気のあるサイト Golovnin Volcano CalderaTyatya VolcanoThe Pillar Cape … Read More!

カテゴリ

ロシア, 北海道, 北海道周辺の島々, 千島列島, , 日本, 日本語, 東の島々, , 自然, 自然保護区



Toyokoro Jewel Ice
2/2

豊頃町のジュエリーアイス

電話:015-574-2216 (豊頃町役場企画課)

住所:北海道中川郡豊頃町大津元町(観測場所:大津海岸)

観測時期:1月中旬~2月下旬 ※天候によって異なります。

URLhttp://www.toyokoro.jp/jewelryice/


View Larger Map

GPS:42.68887, 143.65743

オホーツク海の白い流氷とは異なり、透き通ったクリスタルのような「ジュエリーアイス」は、この場所でしか見ることのできない絶景と言われています。澄んだ空気と太陽の光を受けて輝く美しい姿は、まるで宝石のよう。

「ジュエリーアイス」を見ることができるのは、1月中旬から2月下旬頃の厳寒期。十勝川河口近くの大津(おおつ)海岸で観察することができます。一番おすすめの時間帯は、早朝。水平線から昇る太陽の光を受け、「ジュエリーアイス」がオレンジ色に染まります。

1~2月の豊頃町の日の出時刻は、6時~6時50分頃。ベストタイミングで撮影したい場合は日の出時刻の前に訪れて、お気に入りのジュエリーアイスをみつけておくと良いかもしれません。次々と変化する美しい色のジュエリーアイスを写真に収めようと、年々訪れる人が増えているそうです。低めのアングルで、太陽光を氷の中に通すイメージで撮影したり、ジュエリーアイスを積み上げてみたり、バリエーションを楽しんでみてください。

天気やその日の温度によって、海面にもうもうと白く立ち上る霧「気嵐(けあらし)」が見られることも。ジュエリーアイスと同様、厳冬期ならではの自然の奇跡とも言えます。

アクセス

・帯広市街地より大津海岸まで車で約60分~80分
・豊頃市街地より大津海岸まで車で約30分
 豊頃町役場 大津支所の駐車場に車を停め、徒歩約5分
(汐見橋を渡ると、大津海岸に到着します)

駐車場)あり(駐車場から約5分歩くと海岸に到着します)
※駐車場エリアは住宅街ですので、近隣住民への配慮をお願いいたします。
※冬道に気を付けて、安全運転を心がけてください。

LeTAO Otaru Main Shop LeTAO Pathos OtaruRead More!

カテゴリ

1月, 2月, ジュエリーアイス, , 冬季, 北海道, 十勝総合振興局, 日本語, , , 自然, 観光, 豊頃町



  

Japanese お問合せ

English English >

© 2021 ロウ グレン。
All Rights Reserved.