新得はやっぱり、「そば」でしょ ~

スペシャル, 十勝, 新得, 新得町, 日本語 27 Sep 2013

●みなとや

新得は十勝平野の北の端っこにある。

国道38号をひた走り、新得あたりに差し掛かるこのあたりは「そばロード」と名前がついているが、その名の通り道の両側は蕎麦畑。

そう、新得は北海道有数の蕎麦の産地なのである。

tokachiphoto_00131_R

9月中に大体蕎麦は刈り終わってしまうので、今まさに畑の最後の蕎麦を刈り取ろうというコンバインも見える。

新蕎麦の収穫が今終了するのです。

蕎麦の花の季節に訪れると美しいと人は言うが、ちゃう。食えなきゃ意味がない。

さて、新得の町にて、JR新得駅前の道を東へしばらく行くと、左手に「みなとや」の看板が見えてくる。

DSC_0102_R

北海道特有の広い路肩にずらりと、道内各所からやってきた車が並んでいる。

どれ、栃木ナンバーもそこに加えてもらおうか。

店内は結構奥に向かって広い。

雰囲気としては普通の田舎の蕎麦屋であるが、トイレに行く途中の、奥のほうにあるずらりと並んだ色紙が、この店をなめちゃいかん、と主張する。

調理場からは活気があふれていて、元気の良いおばちゃんが迎えてくれた。なんか大勢働いている。

「あ、せいろ、おねがいします」

値段は550円だからかなり安いです。天ぷら蕎麦なんかを他の客はせっかくだから、ということで頼んでいる、が、私はこの後予定が・・もうちょっと回るんだ腹の余裕を残しておかなければ。

 DSC_0099_R

私としては、東京の名店もりな、ちまーっとしたやつを想像していた。

しかし出てきたのは、見事な盛りのせいろ。大盛りだとどうなったんだろう?

これはちゃんとこれだけで食事になるのです。

色黒の(写真はフラッシュで光ってますが、黒いんです)、のしべらの力強そうな田舎蕎麦。

箸で持ち上げると、ふわっと新蕎麦の鮮烈な香りが漂ってきた。

ああっ、新得まで来て良かった。

薄めの汁につけてずるっとやるとこれが滑らかで、しかもほどよい粘りとコシがあってうまいんです。

ご主人、良い仕事してますねぇ。

良い仕事に、良い材料。

水も旨いし、当然蕎麦粉も旨い。

納得な一枚でした。

【Not Sponsored 記事】

Post a comment