キーワード:

能取湖のサンゴ草群落

 

能取湖のサンゴ草群落

ウォーキング, オホーツク総合振興局, ハイキング, 北海道, 卯原内, 日本語, 網走市, 自然, 観光 04 Oct 2021
Ubaranai SANGO Grassland 能取湖サンゴ草群落

所在地: 〒093-0135 北海道網走市卯原内60-3

交通アクセス:卯原内(バス停)/徒歩/5分

能取湖は、オホーツク海とつながる面積58万平方mの大きな塩水湖。湖畔は原生花の宝庫そのものだが、南岸・卯原内に3万8000平方mのサンゴソウ大群落が広がる。正式にはアッケシソウと呼ばれるこの植物は、葉の生えない珍しい草。卯原内だけでなく、湖畔のあちこちに点在し、9月になると全体が深紅の色を帯び、まっ青な湖水との見事なコントラストをつくりあげる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

44.013960, 144.116685

自然

0 Shares

Post a comment

  

Japanese お問合せ

English English >

© 2021 ロウ グレン。
All Rights Reserved.